【乃木坂46】映画『悲しみの忘れ方 』丸山健志監督のインタビューを公開!

834: 名無しさん@おーぷん2015/12/01(火)21:58:09 ID:UwB
舞台裏のプロフェッショナル 「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」丸山健志監督
nogi000129

舞台裏のプロフェッショナル 「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」丸山健志監督


nogi000130

詳細ページ(ナビのINTERVIEWにあります) ≫ http://hustlepress.co.jp/
835: 名無しさん@おーぷん 2015/12/01(火)22:19:05 ID:xQB
>>834
大変おもしろかった

839: 名無しさん@おーぷん 2015/12/01(火)22:28:30 ID:nSU
>>834
教えてくれて、ありがとう。

843: 名無しさん@おーぷん 2015/12/01(火)22:38:06 ID:MWl
>>834
読みごたえありました

845: 名無しさん@おーぷん 2015/12/01(火)22:59:14 ID:mRO
>>834
とてもいい文章ですね
僕らには本当の舞台裏はわからないので 少し垣間見えた気がします

855: 名無しさん@おーぷん 2015/12/01(火)23:38:42 ID:ql1
>>834
丸山監督が描きたくなるきっかけを、何度も与えた生駒ちゃんはやっぱり良い素材なんだな

生駒ちゃんの素直さや、てらいの無さがこの四年で失われないのは秋田の奇跡かな

引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/akb/1448273722/

コメントを書く>

『【乃木坂46】映画『悲しみの忘れ方 』丸山健志監督のインタビューを公開!』へのコメント

  1. 名前:みんな大好き@仮めんばー 投稿日:2015/12/02(Wed) 16:44:05 ID:589fc6ab0 Reply

    ※2さん、そうですね。4th選抜発表で松村沙友理が『最近、後ろ向きに…』と発言していたり、6thの特典映像で一部ありましたが、映画ではかなり突っ込んで描かれていました。
    あの明るく元気な松村沙友理が何故あれだけ自己否定したのかよく分かりました。
    映画の補足として、当時(3rdシングル)松村沙友理は握手会人気が1位でした。
    乃木どこでも大活躍していたり…しかし、ゲネプロでの結果が…繊細な彼女だからこそ激しく自己否定してしまったのでしょうね。
    でも、生駒ちゃんとのあのやりとり、魂のぶつかり合いでなんだか持ちこたえましたね。
    その後、松村沙友理はプリンシパル2と3では他の落ち込んだメンバーを支えていました。
    本当に乃木坂って良いなあと思います。

  2. 名前:@仮めんばー 投稿日:2015/12/02(Wed) 16:43:37 ID:25bbef76c Reply

    『ぐるカー』も『おいシャン』も重要だけど、丸山監督の『失いたくないから』MVが乃木坂に与えたイメージはほんとに大きい
    乃木坂のドキュメンタリーを任せられるのはこの監督しかいなかったと改めて思う

  3. 名前:@仮めんばー 投稿日:2015/12/02(Wed) 15:02:03 ID:e533a77d0 Reply

    すごく興味深く読んだ
    当たり前だけど、よく考えて作られてるんだなあと
    この監督さんで良かったね
    あと、乃木坂46における「君の名は希望」の位置づけに
    特別なものを感じてくれたことも嬉しい

  4. 名前:@仮めんばー 投稿日:2015/12/02(Wed) 14:25:26 ID:381ce3261 Reply

    「この映画はこれからの乃木坂46にとって、壮大なプロローグ」
    「メンバーが悲しみを忘れた後、どんな未来が待っているのか、楽しみで仕方ありません」
    「彼女たちはこれからが本番なんです」
    読んでて胸が熱くなる内容でした・・・!

  5. 名前:@仮めんばー 投稿日:2015/12/02(Wed) 14:17:32 ID:98511de37 Reply

    プリ無印舞台裏での松村と生駒のごっつんこは、ある程度のファンにはけっこう有名なエピソードだけどなあ(あそこまで長い尺の映像出されたのは初めてだけど)

  6. 名前:@仮めんばー 投稿日:2015/12/02(Wed) 14:13:51 ID:02aa7dccb Reply

    生駒はほんとうに少年漫画の主人公だよな。
    不安定で危なっかしいけど前に出続けて成長していくんだよな。