【乃木坂46】最も出すタイミングを誤った乃木坂の楽曲って何だと思う?

2: 君の名は(庭) 2018/09/15(土) 21:12:40.47
バレッタ

3: 君の名は(地震なし) 2018/09/15(土) 21:13:39.02
ガルルかな

4: 君の名は(東京都) 2018/09/15(土) 21:14:09.23
ガルル
今出してれば絶対ヒットした

6: 君の名は(家) 2018/09/15(土) 21:15:25.71
ガルルは最近なら代表曲になった

7: 君の名は(dion軍) 2018/09/15(土) 21:18:15.34
きっかけ

8: 君の名は(静岡県) 2018/09/15(土) 21:18:41.64
サヨナラの意味

11: 君の名は(地震なし) 2018/09/15(土) 21:20:45.48
>>8
サヨナラとか橋本引退センターでバッチリだったじゃん

23: 君の名は(地震なし) 2018/09/15(土) 22:24:24.76
>>8
ベストタイミングだろ

26: 君の名は(SB-iPhone) 2018/09/15(土) 22:33:29.24
>>8
いつなら良かったんだよw
デビュー曲か?w

9: 君の名は(地震なし) 2018/09/15(土) 21:19:04.72
マネキン、青空

12: 君の名は(地震なし) 2018/09/15(土) 21:26:58.12
マネキンは昔に出しといて良かったと思う
24,5歳の人たちには歌えない…

13: 君の名は(茸) 2018/09/15(土) 21:28:04.51
きっかけだな
表題曲にすべきだった

14: 君の名は(地震なし) 2018/09/15(土) 21:30:07.76
きっかけは隠れてるから価値があるんだよ

16: 君の名は(pc?) 2018/09/15(土) 21:49:18.32
スカイダイビングを今年の夏歌にすべきだった

18: 君の名は(茸) 2018/09/15(土) 22:00:33.53
命は今のタイミングでも良かったと思う

19: 君の名は(SB-iPhone) 2018/09/15(土) 22:07:23.40
ロマスタシングルカット説はこの類のスレでよく出る

21: 君の名は(SB-iPhone) 2018/09/15(土) 22:13:43.43
バレッタ

22: 君の名は(catv?) 2018/09/15(土) 22:21:46.96
ガルル

24: 君の名は(神奈川県) 2018/09/15(土) 22:27:59.47
シンクロも好きだけど、その時期にきっかけ出してたら歴史変ってたと思う

25: 君の名は(catv?) 2018/09/15(土) 22:31:56.38
アンダー
いろんなことが起きた

引用元:http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/nogizaka/1537013090/

シェアする

コメントを書く>

『【乃木坂46】最も出すタイミングを誤った乃木坂の楽曲って何だと思う?』へのコメント

  1. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/15(Sat) 23:05:08 ID:1bb3833d8 Reply

    ロマスタと夏フリのタイミング。
    片思いとのコントラストをわざわざ
    2回することはなかったと思う。

  2. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/15(Sat) 23:06:59 ID:4e7607d58 Reply

    「きっかけ」…
    今からでもシングルカットして欲しい。
    乃木坂ファンではない人でも知っている代表曲になる。

  3. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/15(Sat) 23:27:32 ID:59f347771 Reply

    夏のfree&easy

  4. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/15(Sat) 23:45:48 ID:b3ee1026e Reply

    あの時期にガルル出して人気1段階上がったんじゃん。そこから徐々に上がって肌様でドカんでしょ。あの時期のガルルなきゃ今の人気はないよ。

  5. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/15(Sat) 23:47:38 ID:c8ca38a2e Reply

    ガルル盛り上がるしまいやん初センター御三家フロントっていろいろ良いとこあるけど、曲自体は全然好きじゃない。

  6. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 00:19:48 ID:4bb40aa70 Reply

    ガルルはあのタイミングで出してなかったら、乃木坂は停滞していたかもしれない過去
    マネキンと希望で売り上げは平行線だったが、ガルルから急上昇し始めた

  7. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 01:05:53 ID:bd75061c0 Reply

    逃げ水
    2017年は、橋本卒業、ヒム子、レコ大受賞などいろいろなことがあって、結果的に地味な夏曲になってしまった。

  8. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 02:28:19 ID:b57d5d089 Reply

    「羽根の記憶」MVまで作成されながら何故限定版だけに収録?表題曲でも十分いけた曲なのに。この曲自体を知らない御新規さんも沢山いるのではないかな。名曲になれなかった名曲。

  9. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 02:59:16 ID:969ab4cba Reply

    羽根の記憶
    太陽ノックのカップリングだけど
    夏曲ではないし、春くらいのシングルとして
    充分いけたのでは

  10. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 03:34:26 ID:f7a008d36 Reply

    ガルルだな。まいやんの無駄遣い感がハンパなかった。直後がバレッタだったから余計に、とりあえず生駒ちゃんをセンター外してあげるためのツナギみたいになってしまった。今となりゃ理想的なのは、シンクロニシティ→ガルルの流れかな。ジコチューは来年でも可能だったし、そうなりゃもっと選抜に若手メンバーを増員できたかも。

  11. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 03:53:33 ID:bcdc5e904 Reply

    いつでき一択なんだが。

  12. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 06:16:47 ID:2b6fdfb6a Reply

    悲しみの忘れ方
    表題曲か1stアルバムリード曲で、映画と同時に出して欲しかった。

  13. 名前:匿名 投稿日:2018/09/16(Sun) 06:37:51 ID:05a483707 Reply

    ガルルの次の曲だと思うけど…もっと伸びしろあったと思う

  14. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 07:36:08 ID:3c62b2234 Reply

    2代目overture

  15. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 09:02:05 ID:2394ad816 Reply

    ガルルはやっぱり選抜がほとんど10代だったあの頃に出してこそじゃないかなー

    • 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 11:27:29 ID:31dfca85a Reply

      完全同意
      あのMVのキラキラ感とかも込みで

  16. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 10:22:36 ID:6294bbade Reply

    ぐるカーでしょ!?
    せっかく1位取れたのに…

  17. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 11:25:07 ID:daf0cc37f Reply

    ガルルは今出したらまいやんセンターは違う……ってなるからあの時で良かったような気はする

  18. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 15:00:34 ID:5bd726c65 Reply

    条件制定して。
    生駒ちゃんセンター
    君の名は希望。
    今のファンの数ならミリオンで神曲。

  19. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 18:01:20 ID:b4ce5fcff Reply

    ※16さんが言ってる様な出すタイミングが悪くて残念な結果になった楽曲をあげるスレだと思った。
    だから私は、逃げ水発売から短いサイクルでリリースされて初動前作割れした「いつでき」が
    真っ先に思いついたな。

  20. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 18:37:53 ID:9e5651b53 Reply

    羽の記憶 シングル曲

  21. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 18:43:28 ID:9e5651b53 Reply

    バレッタ 二期生の扱いの分岐点
    故に欅に繋がり、3期生、けやきに繋がる
    果たして4期生は?

  22. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 19:06:37 ID:c32fdac02 Reply

    マネキンがデビュー曲なら・・

  23. 名前:Annsony 投稿日:2018/09/16(Sun) 19:13:58 ID:c9406b8a9 Reply

    ロマンスのスタート は、表題曲でも いいくらい、すばらしい曲だと思う。

    ガールズルール は、もし今、出すんだったら、白石さんセンターでは
    無理がある。だって、もろ、部活(高校部活or大学の部活)の卒業旅行的な
    曲だから、26歳の淑女のセンターでは無理がある。

    25歳前後メンバーと 20歳前後(大学生世代)メンバーと 
    10代後半(高校生世代)メンバーと 15歳前後(中学生世代)メンバー が
    混ざる選抜としての表題曲だったら、
    インフルエンサー、シンクロニシティー、ジコチューで行こう 等の 歌詞
    でないと、無理があるように思う。

    選抜:美人お姉さん組(22歳以上)と、選抜:美少女組(21歳以下)に
    分かれて、それぞれ同時に、表題曲を発売するのならば、
    ガールズルールのような曲を 21歳以下チームの楽曲にしてもいいと思うが。

    表題曲の作詞も難しくなってきたんではないかと思います。

    そう考えると、そろそろ・・・国民みんなに愛される曲が必要になってくる。
    例えば、いきものがかり『ありがとう』、ザード『負けないで』のような・・・。
    完全無欠の敵なし状態で、レコ大 とれるような曲が!!・・・・・。

  24. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 19:44:52 ID:f71daa51a Reply

    タイミングじゃないけど、スカイダイビングのサビの「君にスカ~イダ~イブ」のフレーズ(歌詞もメロディも)とダンス(ふりつけ)の分かりやすさとインパクトは、思いっきりシングル向きだと思う。
    だからなんかもったいない。

    上で言ってる人いるけど、ガルルは内容的に主力のほとんどが20代中盤の今はきつい。
    今ガルルを初出しするなら、3期曲になると思う。

  25. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 21:05:26 ID:c98f81ffd Reply

    逃げ水ですね。
    メロディー・歌詞ともに名曲たりうる楽曲だったはずなのに。

    ヒム子とあさひなぐに挟まれ、2017年の夏を彩ることができなかった、
    と個人的には感じている。

    タイミングとはちょっと違うけど、この曲での3期生センターも誤りだったと思う。
    ももちゃん、よだちゃんに一切の非はありませんが、時期尚早だったと言わざるを得ない。

  26. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 21:59:15 ID:2e7b9228c Reply

    タイミングと言うよりださないほうが良かったのは
    フリイジ 夏だからやっちゃおうは良くなかった

  27. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/16(Sun) 23:53:05 ID:26767d4b0 Reply

    アンダー
    2014年の秋くらいに、これからアンダーライブを継続してやっていく!
    という宣言の曲扱いだったらちゃんと受け入れられたと思う。

  28. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/17(Mon) 11:41:17 ID:ddfdba864 Reply

    売上に急ブレーキ賭けたマネキンや希望かな
    ガルルで挽回しなかったらあそこで終わってたかも

  29. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/18(Tue) 15:12:46 ID:a54446df5 Reply

    最近だと「逃げ水」になるのかな?3期生のダブルセンターの曲で、「乃木坂にはこういう子もいます」という使命もあったと思うけど、いつできがすくにリリースになった分、少し中途半端かなと。

    「きっかけ」や「羽根の記憶」とかのアルバムのリード曲やカップリング曲は「タイミング」もあるだろうけど、「形態」に部分もあるだろうね。

    ただ昔でもB面(今でいうカップリング曲)のほうが流行ったというのは結構あるし、NHKの朝ドラの曲なので若干参考にはしにくいけど、AKBの「365日の紙飛行機」だってカップリング曲なので、今ここのまとめで上がってるアルバムのリード曲やカップリング曲も、ちょっとしたきっかけですごくバスった可能性もあったかもしれない。

  30. 名前:@仮めんばー 投稿日:2018/09/20(Thu) 18:55:18 ID:4614f64fb Reply

    アンダーはまさにのタイミングだったと思う。解釈はそれぞれだし否もわかるけど、今だからこそ。